メトホルミンで痩せるなら安く買いたい!

メトホルミンは痩せる というウワサの根拠を調べてみました。オリラジ中田がユーチューブ大学で「老化を治す薬」として紹介!通販で安く買えます。

 

28錠入りはこちら
↓↓↓
[メトグルコジェネリック]メトホルミン(Metformin)500mg

 

100錠入りはこちら
↓↓↓
[メトグルコジェネリック]ゾメット(Zomet)500mg

 

 

 

メトホルミンとは

メトホルミンは、2型糖尿病治療薬メルビンのジェネリック医薬品です。肝臓での糖の生成を抑えて筋肉での糖利用を促すことにより、血糖値を下げる効果があります。

 

定番のお薬

費用対効果もよいため欧米では第一選択薬として推奨されていて、1959年の誕生以来、世界各国で使用されている定番のお薬です。

 

飲むだけでダイエット

ダイエットを成功させる秘訣は食事制限と運動ですが、食べたいものを我慢して毎日運動するのは辛くて長続きしませんね。痩せられたとしても、そのストレスによって不健康になってしまっては元も子もありません。

 

食事制限なし

実はなんと、このメトホルミンという2型糖尿病治療薬は、無理な食事制限などしなくても、ただ飲むだけでダイエットに成功できるというウワサが…。

 

糖の生成を抑えエネルギー化

調べてみると納得です。この薬には、糖の生成を抑制し、筋肉での糖利用を促進する作用があります。さらに副作用として食欲不振も明記されています。

 

試験結果も発表

これらはまさにダイエットにうってつけの作用。実際、糖尿病治療薬メトグルコ(成分:メトホルミン)のメーカーサイトでは、服用によって体重が減少したとの試験結果もきちんと発表されています。

 

とはいえ、あくまで糖尿病治療薬です。体調とよく相談しながら利用したいですね。

 

副作用は?

服用後、まれに低血糖の症状を起こすことがあるそうで、その際はブドウ糖の摂取が推奨されています。甘い缶コーヒー等での代替えも有用とのことです。

 

メトホルミンを通販で買う

メトホルミンは糖尿病のお薬なので、ダイエットしたい人が病院で処方してもらうのは難しいですね。通販なら処方箋もいらないので簡単に安く買うことができます。

 

28錠入りはこちら
↓↓↓
[メトグルコジェネリック]メトホルミン(Metformin)500mg

 

100錠入りはこちら
↓↓↓
[メトグルコジェネリック]ゾメット(Zomet)500mg

 

 

糖尿病とは

糖尿病とは、血中ブドウ糖を調整するインスリンの作用不足により血液中の糖分が多くなる病気です。ブドウ糖とは、体を動かすエネルギー源です。

 

血糖値が高いというのは、エネルギー源が体に行き渡らず血液の中に溢れてしまう状態のことです。エネルギー源が体に届かないと、全身のエネルギーが足りなくなり様々な合併症を引き起こします。

 

20年前の糖尿病実態調査によると、糖尿病が強く疑われる人は約740万人。糖尿病の可能性を否定できない人は約880万人です。5年前の調査時から糖尿病の患者数は250万人も増えています。

 

治療の基本

治療の基本は、患者の日常生活の強度に合った食事療法と運動療法です。十分な効果が得られない場合には、血糖降下剤などの内服薬、インスリン注射などの薬物療法が用いられます。

 

糖尿病には2種類あり、自己免疫異常でインスリンが作れなくなる1型と、生活習慣が原因の2型ですが、ほとんどの患者は2型です。2型の主な原因は、高脂肪食の過剰摂取、運動不足、過食、肥満、ストレス、遺伝などです。

 

2型糖尿病の場合

2型糖尿病の場合は、食事療法と運動療法で血糖値を下げるようコントロールします。1日の食事の適正量は、身長、体重、年齢、性別、仕事内容などを考慮して医師が指示します。

 

医師から食事療法の指導を受けると糖尿病食事指示表が渡されます。朝食、昼食、夕食、間食でどれくらいずつ食べるかは、食品交換表を使って配分するよう指示を出されます。

糖尿病の食事療法で用いる食品交換表 その1

糖尿病の食事療法で用いる食品交換表では、約500種類の食品を栄養素によって6つの表に分けています。

 

表1 主食
表2 くだもの
表3 魚・肉・大豆・チーズ・卵
表4 乳製品(チーズは除く)
表5 油
表6 野菜(海草、きのこ、こんにゃくを含む)

 

日頃食べている食品がどのグループに入っているのかを知っておくと、栄養バランスの取れた食事を取ることができます。

 

食品交換表では 80kcal=1単位 として計算します。医師が患者の身長、体重、年齢、性別、仕事内容などを考慮してエネルギー摂取量を指示しますので、各表の中で配分して献立を決めましょう。

 

一日の指示単位(指示エネルギー)の配分例

1600キロカロリーの場合

 

 表1 11単位  (朝3 昼4 夕4)
 表2  1単位 
 表3  4単位  (朝1 昼1 夕2)
 表4  1.5単位
 表5  1単位
 表6  1単位  (朝0.3 昼0.3 夕0.4)
 調味料 0.5単位
 塩分  7g以下

 

以上で、合計20単位になります。

 

エネルギー摂取量の目安

  • エネルギー摂取量=標準体重×身体活動量
  • 標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

 

標準体重1kgあたりの身体活動量の目安

軽労作(デスクワークの人や主婦)

  25〜30kcal

立ち仕事の多い職業の人

  30〜35kcal

力仕事の多い職業の人

  35kcal〜

 

これはあくまで目安なので、医師の指示に従ってください。栄養バランスが取れた食事を取ることは、糖尿病の進行を防ぐ上でとても大切なことなのです。

糖尿病の食事療法で用いる食品交換表 その2

糖尿病の食事療法で用いる食品交換表では、各表の中で食品を交換できます。例えば【表1 主食】では、食パン30gとご飯50gを交換することができます。交換は同じ表の中でだけできるので、表1と表2の食品の交換はできない、ということです。

 

献立は単位配分の指示をもとに考える

  1. 主食は、表1のご飯、パン類、麺類から。
  2. 主菜は、表3の魚・肉・大豆・卵・チーズから。
  3. 調理方法も煮る、焼くなどカロリーが高くなりすぎないよう、よく考えましょう。
  4. 副菜は、表6の野菜(海草、きのこ、こんにゃくを含む)や、表3の魚・肉・大豆・卵・チーズを組み合わせます。
  5. 牛乳や果物は献立に応じて3食の中や間食でとります。
  6. 塩分量を守るため、味付けは薄味にします。

 

単位数を守るために、1単位はどのくらいの量になるかを実際に計って、調理して食べてみて、自分の目やお腹で覚えると良いでしょう。目とお腹で覚えておくと、外食の時にでもどのくらい食べていいのかがつかめます。

 

食事療法の基本

  1. 腹八分目
  2. 食品の種類はできるだけ多く
  3. 脂肪は控えめ
  4. 食物繊維を多く含む食品(野菜、海藻、きのこなど)を食べる
  5. 三食を規則正しくとる
  6. ゆっくりよく噛んで食べる

 

最初から完璧に指示通りの食事をとるのは難しいと思いますが、少しずつ指示された単位に近づけるように心がけましょう。規則正しく栄養バランスのとれた食事で、糖尿病の進行を防ぎましょう。